2006年08月16日

ハイフラッシャー

広島往復も何事も無くと言いたい所ですが、そこは象さんちゃんとやってくれました。
呉市内におでかけしたところウィンカーレバーを左に倒すと突然のハイフラッシャー。
玉切れかと思いチェックするとリアのウィンカーが点きません。
車載のドライバでカバーを外すと玉は切れていませんでした。
元に戻すとあら不思議、直ってしまいました。
どうも接触不良だったよう。

しかしここで新たな発見。左ウィンカーカバーのねじが1本有りません。
また4つあるねじのうち2箇所のねじ山が切れていました。

帰路の高速でも再発し3回もカバーを外すはめに。
とりあえず様子見とし、帰宅後の洗車時に改めて左右のカバーを外し清掃しておきました。
やはりリアは全面的にLED化を検討しよう。

posted by 半世紀少年 at 00:57| ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たぶんソケットが悪いような気がします。
反射板とソケットの隙間に何か差し込んで治るかもしれませんね。あっ、治ったわけではありませんね応急処置です。
Posted by たらい at 2006年08月19日 01:54
たらい様
いつもためになる情報をありがとうございます!。嫁です。

実は高速を降りてから今日まで、一度もハイフラッシャー起こしていないのです。
敏象の掃除がよかったのかしら(笑)
住宅街とはいえ、凸凹道を毎日通るのですが、なにごともなく。

高速道路では、急に前と横しか点滅しなくなるので、さすがにびびりました。
Posted by 敏象嫁 at 2006年08月30日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。